Z1000J A.T様 スピードメーターセンサーの移設その2

スピードセンサーの生産型の製作です。
ミッションの前期、後期は中心穴径のみ異なりますが、あとは同形状です。
イメージ 1

中心穴φ10ミリが前期型用、φ6ミリが後期型用です。イメージ 2

使用するネオジム磁石はφ3ミリの長さ2.5ミリ。1個当たり約5円です。
N極S極を交互に並べるので、別の磁石で極を確かめながら埋めていきます。
イメージ 3
3セット完成。イメージ 4

裏側はこんな感じ。イメージ 6

取り付けは長さ50ミリの高張力ボルトでスプロケと共締めです。
ネジにはロックタイトを塗布します。
イメージ 5

締め付けトルクは純正と同じ8kg・mです。イメージ 7

オフセットスプロケットでも大丈夫です。イメージ 8

センサーはボンドで固めておきます。イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

スプロケットカバーは無加工で大丈夫です。イメージ 12

各部の端子の接触抵抗が大きいようで、ヘッドライトが暗いです。
車検用にヘッドライトリレーを追加します。
イメージ 13


ヘッドライトリレーはバッテリーの後ろへ設置。イメージ 23

ホーンが鳴らないので調べると、ホーンスイッチの接点も接触不良です。
こちらも接点復活剤を塗布しておきます。
イメージ 14

イメージ 15

リヤブレーキスイッチの動作が緩慢なので、スイッチを新品交換します。イメージ 16

イメージ 17
シートとテールカウルのクリアランスが大きい問題は、
ノーマルウインカーを生かす方向で対処します。
イメージ 22


クリアランスが大きくなるのは、主に経年によるシートの反りが原因です。
そこで、中央のシートダンパー受けにスペーサーを入れます。
イメージ 18

スペーサーの高さは約20ミリ。これによりシートを逆反りさせます。イメージ 19

シート側のダンパーはノーマルのままです。イメージ 20

シートをはめるとこんな感じ。
はめるときは後ろ側を強めに押せばフックにかかります。イメージ 21