Z1000J2 F.K様 ZRXスイングアームの改造

ZRX400の純正スイングアームを改造して使います。
先日までのピボット周りの改造に続き、今日はステー類の改造です。
イメージ 1

先ず、ステー類を全て削除します。イメージ 2

溶接する部分を中心に塗装を剥がします。イメージ 3

溶接するステーを準備します。
イメージ 4

サス受けと三角補強板を溶接します。
イメージ 5

キャッチタンクの形状を検討します。
今回は、三角のタンクを作ってボルトで止める構造にしてみます。
イメージ 6

TOTの規則では、容量は500cc以上とされています。この箱で約700ccです。
上面に出入り口を底面にはドレンを付ける予定。
イメージ 7