販売デモ車KZ1000J2 コンチタイヤとCR33取り付け

コンチのクラシックアタックが入荷したので交換します。
イメージ 1

フロントはFXを入手した時についていたノーマルホイールなのでチューブ入りです。
イメージ 2

バルブも交換しチューブレス化します。
イメージ 3


サイズはノーマルと同じ100/90-19でラジアルです。
イメージ 4

中古で入手したCR33も取り付けます。
ジェッティングは予めよさそうなものに変更しておきます。
イメージ 5

Oリング類は硬化しているので新品交換しておきます。
イメージ 6


ノーマルコックはキャブと干渉するので1100刀の小型のものに交換します。
イメージ 7

ガレージ周辺で低開度をセッティングします。
目視で簡単に同調は取りましたが、
エアスクリューを調整しても全閉付近のバラつきがなくなりません。
ニードルの太さとクリップ段数は概ねOKです。
イメージ 8


ガレージに戻りもう一度同調を見直します。
イメージ 9

アイドルスクリューで回転が落ち切らなかったので、
イニシャル位置を点検したら全閉付近の同期が悪いリンク位置になっていました。
イメージ 10

同調部分の調整は、なるべく閉じ側に寄せておきます。
こうすると、全閉付近で4気筒のバルブがピッタリ同期して動くようになります。
これで全閉付近のバラつきが解消されることでしょう。
イメージ 11