Z1000Mk2 W.T様 フォークオーバーホールの続き

軽微の曲がりと強い当たりのあるインナーチューブでしたが、
今回は継続使用します。
イメージ 1

組み付け時に荷重の少ない側にして組めるように、
強い当たりのある側にマークをしておきます。
イメージ 2

消耗品はなるべく新品交換します。イメージ 3

純正は生産終了してしまったトップキャップのOリングは汎用品を使います。
左が純正品、右がNBR製の汎用品です。
イメージ 12

オイルレベルはマニュアル通り。
イメージ 4

フロントフェンダーのボルトは傷んでいたので新品交換しておきます。イメージ 5

ボトムのスタッドボルトも傷んでいたので4本とも新品交換しておきます。イメージ 6

インナーチューブの向きは、先ほど付けたマークを前方に合わせます。イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

組み付け完了です。
イメージ 10

フォークの作動チェックと、
ジェネレーターカバーのオイル漏れがないか試運転して確認します。
イメージ 11

これでオイルのシミがつくこともなくなるでしょう。
イメージ 13