GPZ900R M.H様 ZRX1200エンジンに換装

エンジン換装の公認登録のご依頼です。
転倒修理を機に、以前から温めてきたフルカスタム化を進めるとのこと。
エンジンはZRX1200Rに換装して公認取得、その後フレーム大改造の予定。
イメージ 1

既存のエンジンを降ろします。
長く乗っているのでこのエンジンは既に2機目のもの。
イメージ 2

エンジンが下りました。イメージ 3

乗せるエンジンはこちら。
ZRX1200Rのエンジンで、今のところはノーマルです。
イメージ 4

念のため、カムとロッカーアームを目視点検しておきます。
カジリはほとんど無くグッドコンディション。
イメージ 5

長期に止めたエンジンは、カムとロッカーアームが乾燥しているので、
直接オイルを塗ってクランキングしておきます。
この、始動時の乾燥状態が、ニンジャ系エンジンのカジリの元凶ですね。
イメージ 6

ZRXエンジンを搭載します。イメージ 7

エンジンを後傾させ、右からフレーム内に滑り込ませます。イメージ 8

フロントのエンジンマウントは、今回は暫定でこのスリンガーのみ。
イメージ 9

スリンガーを付けたらエンジン後ろを持ち上げて、
リヤのマウントボルトを通します。イメージ 10

搭載終了。
先に公認登録を済ませます。
その後GPZ1100のアンダーフレームとピボット部をドッキングするそうです。イメージ 11

先ほどのスリンガーは作業用の試作品です。
少し寸法を見直して新たに製作したものと交換します。
イメージ 12

このスリンガーで走行も問題なくできます。イメージ 13