デモ車MONSTER#60 29年選手のCR

1988年の西湘バイパス国府津PAです。
一番手前が所有したJ系初代の1100GPです。
ここについているのが今も使っているCR33。買ったのはこの前年でした。
イメージ 1

こちらが現在の様子。
29年間、バイクは変われどひと時も休まず使い続けている一品(逸品)です。
イメージ 2

先日のTOTの前から不調が散発していたので点検します。
最近のスポーツ走行でも起きていた、ニードルの浮き上がりが起きています。
イメージ 3


ニードルクリップを抑えるバネが、エンジン振動でかなり開いてしまい、
クリップの隙間がぴったり合うとニードルが上に抜けてしまうのです。
イメージ 4

スロットル開度1/2近辺でバラつくことがあるのはこのせいでしょう。
イメージ 6

クリップの上にワッシャーを入れてみます。イメージ 7


これでバネがズレてもニードルが浮き上がってこなければ大丈夫でしょう。
イメージ 5

このCR、使い込んでスロットル操作が軽いので手放せません。
イメージ 12


まだまだ引退させるには早いでしょう。
イメージ 8

スペアエンジンへの交換も済んだので、保安部品を付けて公道仕様にします。イメージ 9

ノーマルエンジンなので、ワークスタイプのレリーズプレートも変更します。
左側がシフトロッドを支持できるノーマルエンジン用です。
イメージ 13

装着するとこんな感じ。レリーズはMk2用を使います。イメージ 14

さて、今週末も朝練に行きますか。(^^)
イメージ 10

イメージ 11