Z1000J2 F.K様 ヘッド点検

ハイコンプピストン仕様でTOTデビューを終えた1000Jですが、
ストレートでのパワー差を見せつけられたそうで、
パワーアップを前倒しですることになりました。
エンブレでの白煙も少しあったので、
ヘッドのOHを兼ねてノーマルカムからハイカムへ変更することに。
イメージ 1

早速エンジンを分解していきます。イメージ 2

分解前にカムホルダーネジのトルクを確認します。問題ないようです。イメージ 3

ヘッドを外します。イメージ 4

シリンダーを外します。イメージ 5

ピストンの状態を確認します。問題ないようです。イメージ 6

スタッドボルトの付け根に残る砂粒などのゴミは、
ケース内に落とさないよう掃除機で吸い取っておきます。イメージ 7

シリンダーにはごく浅いスカッフがありますが、
引っかかりは無いのでホーニングで馴らしておくレベルで大丈夫でしょう。
イメージ 8

ヘッド側を点検します。イメージ 9

燃焼室は薄いカーボン堆積のみで、4気筒均一な焼けです。イメージ 10

エキゾースト1・4番のリテーナーの上には赤い破片があります。
ステムシールの破片のようです。
イメージ 11

イメージ 12

スプリングを外してみると、ステムシールがちぎれています。イメージ 13

イメージ 14

手前がエキゾースト側です。弾力が無く熱で劣化したもよう。
インテーク側はソフトなままで異常無し。
エンブレ時の白煙はこれが原因のようです。
イメージ 15

使用するハイカムに合わせて、先にカム山の逃げを加工しておきます。イメージ 16

イメージ 17

リフト10.4ミリのハイカム用の逃げ加工ができました。イメージ 18

イメージ 19

シートカット歴があるヘッドのようで、
新品バルブでステムの突き出し量を計測して確認します。
突き出し量が大きいのでシートリング交換が必要かも。
イメージ 20

ガイドのガタは0.15ミリくらいです。もともとガイドは全交換の予定。イメージ 21

洗浄した燃焼室も点検します。イメージ 22

エキゾーストの3・4番にクラック発見。
プラグホールの方まで進行中のもよう。イメージ 23

クラックがあるのでシートリング入れ替えはイメージ 24保留します。

できればヘッド交換したいところです。
手持ちのヘッドからいいものを探してみます。
イメージ 25

実動エンジンから外したこちらのヘッドがよさそうです。
フィン欠け無し、シートカット歴もないもよう。
カムホルダーネジのトルクも大丈夫。
イメージ 26

プラグホールのネジ山、1ヶ所は要修正。イメージ 27

あとはクラックが無いか、カーボンを落として点検してみます。イメージ 28