Z1000R2 K.R様 ジェネレーター周りの修正

ジェネレーターハーネスのグロメット付近からオイル漏れしているので修理します。イメージ 1

グロメットは弾力もありまだ使えそうです。イメージ 2

きれいに脱脂して、ハーネスは触らず温存します。イメージ 3

ギボシは硬化していたので新品交換しました。イメージ 4

ジェネレーターローターの締め付けトルクを確認します。
規定の16kg・mを掛けると10°くらい締まるので少し緩いようです。
イメージ 5

念のため分解点検してみます。イメージ 6

分解してみるといくつか部品の足りないところがあります。
M8ボルト用のワッシャーと、ワンウェイとローター間のシムがありません。
イメージ 7

更にローター側のテーパー面はキズだらけです。
クランク側はキレイでしたがこれでは緩みが心配です。イメージ 8

擦り合わせ用のクランクでイメージ 9できるだけテーパーを修正します。



バルブコンパウンドを何度も塗って擦り合わせます。イメージ 10

凸部分は取れたようで、吸い付くような感触になってきました。イメージ 11

仕上げに現車のクランクでも擦り合わせしておきます。イメージ 12

イメージ 13

こちらも吸い付く感じになってきました。イメージ 14

これで通常走行なら大丈夫でしょう。イメージ 15

生産終了になっているシムは部品取りから調達します。イメージ 16

ボルトのワッシャーは純正新品を使います。
高トルクで締めるので、肉厚で高強度の純正ワッシャーが必須です。
イメージ 17

規定トルクの4kg・mで締め付けます。3キロくらいでは緩んでくるので要注意。イメージ 18

スターターギヤはローラーの圧痕が多いので新品交換します。
ダンパーも厚みが極端に薄いので交換します。
こちらは生産終了なので中古良品で代用します。
イメージ 19

ジェネレーターカバーのボルトは長さが不ぞろいだったので、
下側の正規の長さのボルトに交換します。イメージ 20

ジェネレーター周りを組み付けます。イメージ 21

カバーのボルト長さがおかしかったのは、
1ヶ所口元のネジ山が舐めていたせいでした。
ダウエルの奥のネジ山がほとんど無くなっています。
イメージ 22

ネジ山はヘリサートを入れて修正します。イメージ 23

再度カバーを取り付けます。イメージ 24

ジェネレーター周りはこれでOKです。イメージ 25