Z1000R2 K.R様 ヘッドも要交換

ヘッドカバーのクラックからオイル漏れがあるようなので分解点検します。イメージ 1

ヘッドカバーの内側には大きなキズなどはありません。
イメージ 17

表から確認していたクラックの内側です。うっすらと線が見えます。イメージ 2

画像でわかりやすいようレッドチェックしてみます。イメージ 3

内側のクラックはこんな感じ。イメージ 4

外側のクラックはこんな感じ。
イメージ 5

カムチェーン周りのトラブルで、
脱落した部品が挟まって押し上げた時などよくこうなりますが、
今回は内側にキズがないので原因は不明です。カバーは交換します。イメージ 6

もっと重大な問題が発覚しました。
3番プラグにソケットを掛けると周りのフィンに干渉してしまいます。
よく見ると、プラグが少し後ろ向きになっています。
イメージ 7

少し緩めるとこの状態で手で回せます。イメージ 8

ネジはヘリサートで修理してありましたが、斜めに仕上げてしまったようです。
イメージ 9

座面が半分ぐらいしか当たっていません。
ヘリサートが入っているので、これ以上は修理不能です。
イメージ 10

プラグは今のところ異常無し。イメージ 11

バルブクリアランスも確認しておきます。イメージ 12

カムホルダーの締め付けトルクも確認しておきます。イメージ 13

赤いマークの1ヵ所は、トルクが掛からずネジが上がってきてしまいました。イメージ 14

カムが押してない位置にしてホルダーを外してみます。
ボルトにせん断されたアルミが付いています。
ヘリサート加工はされていないようです。
イメージ 15

プラグホールは溶接で埋めての修理も可能ではありますが、
費用対効果を考えると現時点では程度のいい中古ヘッドへの交換が現実的です。
イメージ 16