デモ車MONSTER#60 クランク&ピストン交換

分解修理中のレーサー用エンジンです。
クランクの芯ズレも大きかったので、机の上のクランクに交換します。
イメージ 1

腰下まで分解するのはほぼ2年振りです。
その間レースとスポーツ走行をずっとこなしてきたエンジンです。
イメージ 2

オイルパンには、今回損傷したピストンとシリンダーの摩耗紛が堆積しています。イメージ 3

クランクが取り出せました。
左側が取り出したクランクで、
芯ズレがあり、小端部の摩耗も一部大きいのでもう使用不可です。
右側が今回組み込むクランクで、
1100R用クランクの小端部にブッシュが入れてあり、
ピン径を17ミリに改造してあるものです。この状態で入手しました。
イメージ 4

クランクケースを洗浄して組み込み準備完了。イメージ 5

アッパーケースに3軸を乗せていきます。
1100Rのクラッチとミッションを使用していますが、
問題ないので継続使用です。
イメージ 6

オイルパンまで組み込んだら正立させます。イメージ 7

イメージ 8

ピストンは前回同様ワイセコのφ73ミリです。イメージ 9

クランクには点検棒もスンナリ入ります。イメージ 10

ピストンを組み込みます。イメージ 11

シリンダーを挿入します。イメージ 12

イメージ 13

カムはWEBの109で、バルタイはメーカー指示値とします。イメージ 14

エンジンがほぼ完成しました。イメージ 15

スペアエンジンを降ろして積み替えます。イメージ 16

イメージ 17

積み込み終了。
ジェネレーターは小型のものを検討中です。
イメージ 18