Z1000R2 K.R様 カムホルダーネジのヘリサート加工

3番プラグネジのヘリサートが斜めに入っていたのでヘッド交換が必要なのですが、
程度のいいヘッドが見つかるまで、しばらくこのままでいくことになりました。
イメージ 1

カムホルダーネジは1ヶ所上がってきてしまっているので修理します。イメージ 2

周辺を養生してヘリサートタップでネジ切りします。イメージ 3

ヘリサートを挿入します。イメージ 4

これでトルクが掛かるようになりました。
ここ以外はヘリサートが入っていないようです。
イメージ 5

バルブクリアランスを調整します。イメージ 6


クラックからオイル漏れしていたヘッドカバーはこちらと交換します。
暫定で簡単に塗装しておきます。
イメージ 7

キズも汚れも無い良品です。イメージ 8

ヘッドカバーを取り付けます。
カムプラグのところのボルトは短すぎるので長い物に交換します。
イメージ 9

ヘッドナットもトルクチェックします。イメージ 10

ヘッドの6ミリボルトの左側はトルクが掛かりません。イメージ 11

こちらもボルトが短いので長い物に交換し、
残りのネジ山でトルクはOKになりました。イメージ 12

こちらが斜めにヘリサートが入っている3番のプラグです。
レンチがフィンに当たるので回しにくい状態です。
イメージ 13

プラグ座面は斜め当たりしている状態です。
暫定で使用している間、緩みを目視点検できるようマークしておきます。イメージ 14

パルシングカバーのボルトも短いので正規の長さに交換します。
ボルトを交換する際は、正規の長さを把握した上で行いましょう。
短いネジは、アルミの雌ネジを痛める原因になります。
イメージ 15

ダイナのレブリミットが10000rpmに設定されていたので、
9000rpmに下げておきます。
手負いのエンジンなので、高負荷はほどほどに。
イメージ 16

スイングアームのキャッチタンクは、
上にホースを通すスペースが無いので使用していないようです。
ゴミが入らないようにキャップをしておきます。
イメージ 17

イメージ 18

スターターモーターに行くケーブルがチェーンの近くに垂れ下がっています。イメージ 19

チェーンに干渉しないようまとめておきます。イメージ 20

これでエンジン関係は一応完成です。イメージ 21

あとはリヤショックがオーバーホールから戻るのを待ちます。イメージ 22

エンジンのオイル漏れチェックやスイングアームの立て付けなどの確認のため、
高速走行でストレスチェックしてきます。
イメージ 23

下り石川PAです。多少の全開走行はしてみましたが、特に問題は無いようです。
イメージ 24

イメージ 25

ヘッドカバーやジェネレーターカバーからのオイル漏れは無くなりました。イメージ 26