Z1000J1 N.S様 スプロケ点検

スピードメーターセンサー取り付けのご相談にいらした1000Jのお客様です。
特殊なフロントローターのため、フロントホイールにセンサーが付きません。
弊社のアウトプットシャフト駆動用スピードセンサー取り付けをご希望です。
イメージ 1

フロントスプロケ周りの確認のため分解して検討します。
交換したばかりのオイルシールだそうですが、オイル漏れがあるそうです。
イメージ 2

スプロケットもだいぶ消耗しているので、一緒に交換の方向で。イメージ 3

オイル漏れはアウトプットシャフトからのようです。
オイルシールの挿入が浅いので、カラーより突き出している感じ。
J系は3ミリほど奥に入るのが正しい取り付けなので、修正しておきます。
イメージ 4

チェーンラインも合っていないので、
フロントスプロケの外側が異常摩耗しています。
これも修正する方向でスプロケを選定しておきます。
イメージ 5

センサーの準備ができるまで、このまましばしお待ちください。
走行はあまりなさらないように。
イメージ 6

レリーズレバーの作用点も摩耗して長穴になっているもよう。
これは腕の長いGPZ1100用ですが、
もう生産終了なので1000J純正に交換の方向で。
イメージ 7