Z1000J2 F.K様  ツインプラグヘッド組み込み

ヘッドのオーバーホールができたので、エンジン腰上の組み立てに入ります。
シリンダーとピストンは前回Φ74ミリに替えたばかりなので、
シリンダーはフレックスホーンのみ施工します。
イメージ 1

回転と同時に上下させてクロスハッチをつくります。イメージ 2

ごく浅いスカッフが取れて、シリンダー内面がきれいになりました。イメージ 3

ピストンは継続使用です。イメージ 4

トップリングとセカンドリングの、摩耗が少ない状態がこちら。
全面当たりしていないのがわかります。
トップは真ん中1/3くらい、セカンドは下側1/2位が当たりが付いて
テカっている状態です。
イメージ 5

シリンダーを組み込みます。イメージ 6
イメージ 7

中古で入手したヘッドは、今回、バルブガイドとシートリングを交換しました。
新品バルブに合わせて擦り合わせしておきます。
イメージ 8

エキゾースト側を擦り合わせしたところ。このあとインテークも同様に。
今回使用したガイドとリングはともに鉄系です。
ガイドはビトーR&D製の鋳鉄製オーバーサイズ品。
リングはオーバーホール施工先のジュンマシンショップのオリジナル品です。
イメージ 9

下準備が済んだのでヘッドをサブアッシーします。イメージ 10

ステムシールは耐熱性の高いバイトン製。赤い色が特徴的。イメージ 11

シールを挿入したら、
スプリングが所定の場所にあるかデンタルミラーで確認します。
ハイカム用の深い逃げは、中古入手時から施工されていたもの。
だいぶフルチューンしていたようですね。
イメージ 12

バルブスプリングは強化品に交換します。もしものオーバーレブ時に有効です。
イメージ 13

シートリングを交換したので、バルブの突き出しは標準値になりました。
ステムエンドのカットも無しで、
シムは中間の2.50ミリ前後が使えるようになります。
イメージ 14

リフターとカムメタルも全て新品交換。イメージ 15

カムはAPEのK410です。リフトは約10.35ミリ。イメージ 16

ヘッド単体でバルブクリアランスを調整しておきます。イメージ 17

ツインプラグヘッドなので、サブプラグを先にセットしておきます。
使用するのは小型のC8HAプラグです。
イメージ 23





締め付けトルクは1.2kg・m。イメージ 18

サブアッシー完了です。イメージ 19

エンジンに組み付けます。イメージ 20

バルタイはメーカー規定値の107.5-108.5です。イメージ 21

始動チェックまでできました。力強い排圧です。イメージ 22