Z1000J1 N.S様 スピードメーターセンサー取り付けの続き

消耗したリヤスプロケットを交換します。イメージ 1

既存のスプロケは525サイズ。今度は530に変更します。
イメージ 2

ノーマルチェーンラインのホイールなので、
チェーンがタイヤサイドに干渉した痕があります。
今回チェーンラインもスペーサーで3ミリオフセットさせます。
イメージ 3

スペーサーを入れたところ。イメージ 4

キャリアを外し、スプロケボルトを裏から押さえ、しっかりトルクを掛けます。イメージ 5

ハブダンパーは特に問題無いもよう。イメージ 6

スイングアームのエキセントリッククランプボルトを点検します。
片側は短く、6角穴も傷んでいるので左右とも新品交換します。
イメージ 7

小径ワッシャーを入れ、コッパースリップを付けて組み込みます。イメージ 8
イメージ 9

リヤのパッドは残量有り。
キャリパーサポートはフローティングではないので、
エキセントリックでのチェーン張り調整はなかなか大変ですね。
一旦、トルクロッドを外してからでないとできません。
イメージ 10

チェーンはノーマルより少し長い116リンクが必要と分かり、新たに手配しました。イメージ 11

チェーンラインは3ミリオフセットして約91ミリです。イメージ 12

本題のスピードセンサー製作の続きです。
こちらが使用するホールセンサーです。
磁石のN極S極でスイッチングできます。
イメージ 13

センサーの端子にリード線をハンダ付けします。
このままノーマルスピードメーターに接続すれば動作します。
イメージ 14

先端は細い収縮チューブで絶縁します。イメージ 15

更に太い収縮チューブで3本をまとめます。イメージ 16

メーターまで延長するコードを準備します。イメージ 17


センサー部はエポキシボンドで固定して強度を増します。イメージ 18

センサーを取り付けるとこんな感じ。イメージ 19

センサーからのハーネスをスピードメーターに繋いでいきます。
途中、ハンドルスイッチのカプラーが溶けて変形しているので点検します。
イメージ 20

メインハーネスは新品交換済のようですが、そこから先は未交換のようです。
以前の接触抵抗で発熱したのでしょうか。残りの電装品も総点検をお勧めします。
イメージ 21

フロントブレーキ周りに問題があるようなので点検します。
フロントをジャッキアップすると左のブレーキホースが突っ張るので、
ホースが少し短いようです。
イメージ 22

フローティングピンの円周には削れた痕があります。左右、内外4ヶ所ともです。イメージ 23

キャリパーボルトを外すと、3山ほどで抜けてしまいます。
キャリパーを外してみると、サポート側のネジ山がヘリサート修理されていました。
ボルトはちょっと短いようです。
イメージ 24

パッドの下側を良く見ると干渉した痕があります。
フローティングピンと当たっていたのはこの部分でしょう。
パッドも摩耗限界です。
イメージ 25

ワンオフのフローティングディスクもだいぶ消耗しているようです。
もう交換時期ですね。

IMG 8236