Z1000Mk2 W.T様 バッテリー上がり

真夏のツーリングを終えて帰宅したらセルが回らなくなったそうです。
トランポでお持ち込みになりました。イメージ 1

現状のバッテリー電圧は12.5Vくらいありますが、
バッテリーはショーライなのでほぼ完全放電状態です。
ジャンプバッテリーで始動して発電電圧を測ってみると、
3000rpmでも電圧は13Vが上限です。
ジェネレーター直で測ってみると、
3相とも4000rpmで50ACVくらいと規定値が出ています。
イメージ 2

レギュレーターはショーライに合わせてMOSFET型が付けてありますが、
試しに別のレギュレーターを繋いでみても電圧は13V程度までしか上がりません。イメージ 3

そのMOSFET型レギュレーターをデモ車のFX1に付けて電圧を測ると、
2000rpm過ぎで14Vオーバーと正常です。イメージ 4

再度、ステーターコイルを調べると、抵抗値がやや大きいようです。
コイルを新品交換してみることにします。イメージ 5