Z1000Mk2 K.H様 フロントブレーキの引きずり

走行してブレーキ系統が温まると、
フロントブレーキは引きずりの現象が現れるとのこと。
現状では引きずりは見られません。
イメージ 1

マスターのリターンポートからフルードが戻るか確認します。イメージ 2

車体からキャリパーを外してパッドを押し広げようとしても、
なかなか硬くて広がっていきません。
イメージ 3

フルードのリターンが悪いようなので、
今度はブレーキレバーを外してやってみます。
レバーの軸を抜くと穴位置が合いません。
レバーを離しても常時ピストンが少し押されている状態だったようです。
イメージ 4

レバーは特に変わった様子はありません。
イメージ 5

ピストンを押す部分を少し削ってやります。イメージ 6

これでレバーがフリーの状態で穴位置が合いました。
イメージ 7
再びパッドを押し広げるとスッとキャリパーのピストンが戻っていきます。
これで大丈夫。
どうやらマスターのポートがきちんと開ききっていなかったようです。
取付状態でマスターのピストンを押しすぎのレバーは要注意。