GPZ1200R A.T様 リヤショック交換

リヤショックを交換します。イメージ 1

下側のリンクを切って、ショックを下に抜きます。
別タンとリモートアジャスターもその穴から下へ送ります。イメージ 2

下側が今まで使用していたホワイトパワーです。
上が今回装着するオーリンズです。全長を同じにセットします。
イメージ 3

別タンに吊り下げ用バーをセットします。
このバーに切ったネジで、バッテリーケース内から吊り下げます。
イメージ 4

取り付けるとこんな感じ。イメージ 5

続いてリヤタイヤの交換です。イメージ 6

山はまだまだ残っていますが、パンク修理しているので全開走行は危険です。イメージ 7

新しいタイヤも同じ銘柄のメッツラースポルテックM7 180/55-17です。イメージ 8

パンク修理の痕を内側から見るとこんな感じ。イメージ 9

パンクの穴を広げてファイバーを通してあるだけなので、
あくまで応急処置と考えてください。
イメージ 10

新しいタイヤを嵌めたらバランス取りします。
これだけのサイズでウエイトは15gで済みました。ホイールはマグタンです。
イメージ 11


ZZR1400用マグタンを使用しているので、
ホイール側も削ってチェーンラインを詰めてあります。
ダイマグ用の薄いハブダンパーに変更して、外径調整用のスペーサーを使用。
それが少し消耗してきたようです。
イメージ 12

0.8ミリのアルミ板で製作した外径スペーサーです。
消耗しているので交換します。
イメージ 13

今回は耐久性を上げるためステンレス板に変更します。
帯状に切り出したステンレス板を治具に当てて丸めます。
イメージ 14

ダンパー自体は問題無いので継続使用します。イメージ 15

ダンパー外周にt1のスペーサーリングを入れています。
詳しいホイールの加工方法は、メイキングブログ記事をご覧ください。
イメージ 16

リヤ回りが完成しました。イメージ 17

続いてフロントフォークとステムの変更です。イメージ 18

既存のノーマルフォークとステムを外します。イメージ 19

ステムベアリングも交換します。
フレーム側のハウジングはいたってきれいですね。
イメージ 20

新しいアウターレースを圧入します。イメージ 21

ステムを準備します。イメージ 22

ステムを取り付けたら、ハンドル切れ角を最小に仮決めしておきます。イメージ 23

上から見るとこんな感じ。ステムはスペックさんのオリジナルです。イメージ 24

ハンドルロックも機能します。イメージ 25