Z1000J電気式スピードメーターのセンサー改良

先日のセンサー不具合の対策として、回路中に抵抗を入れることにしました。
中央の3本脚がホールセンサー、左側がカーボン固定抵抗10kΩです。
イメージ 1

ホールセンサーにリード線をハンダ付けします。イメージ 2

センサーメーカーの案内に従って回路に抵抗を入れます。
これにより、センサーへの過電流を防止します。
イメージ 3

センサー全体像です。イメージ 4

収縮チューブで被覆します。イメージ 5

台上で動作チェックしてみます。イメージ 6

電動ドライバーで回転させると約90km/hを指します。

Z1000J電気式スピードメーターセンサー動作テスト

センサーからの信号は、
オドメーターBOXで変換されてからスピードメーターに入ります。
キロ用オドメーターで約90km/hです。
イメージ 7


マイル用オドメーターでキロメーターを動かしても約90km/hとなります。イメージ 8