Z1000J1 S.K様 スピードセンサー取り付け

メーターをノーマルに変更するのでスピードセンサーを取り付けます。
こちらは弊社オリジナルの、アウトプットシャフト用です。
Φ3ミリのネオジム磁石18個を埋め込んだトリガーを
ホールセンサーで読み取ります。
左側の内径10ミリが前期シャフト用。右側の内径6ミリが後期シャフト用です。
イメージ 1

裏側はこんな感じ。イメージ 2

センサーはこちら。
フロントスプロケットの形状やオフセット量に応じて、ステーの形状も異なります。
イメージ 3

センサー部分はエポキシボンドでステーに固定します。イメージ 4

現状は機械式スピードメーター用のギヤBOXが付いているので、取り外します。イメージ 5

スプロケボルトはノーマルに追加工したものです。イメージ 6

現状のチェーンラインは、
5ミリオフセットスプロケ+2ミリスペーサーで、実オフセット2.4ミリとなります。
リヤは3ミリオフセットしてありますが、
内側の当たりが比較的強いので、もう少しプラスさせると良さそうです。
イメージ 7

スプロケットをシャフト端面から出したいので、スペーサーを小変更。
3ミリスペーサーを先ず入れます。
イメージ 8

まだ足りないので1ミリスペーサーを追加します。イメージ 9

これでシャフト端面よりスプロケットが出ました。イメージ 10

センサートリガーを取り付けます。
厚み分長い高張力ボルトを使用して、ネジロックを塗布し取り付けます。
イメージ 11

締め付けトルクは基準値の8kg・mです。イメージ 12

トリガーに合わせてセンサーを取り付けます。イメージ 13

試運転して動作チェックします。イメージ 14

回路に抵抗を入れる改良の効果か、安定した値を示します。イメージ 15

精度についてはファイナルギヤ比との兼ね合いがあるので、
磁石18個仕様 + ギヤ比17T×45T + 150/70-18タイヤ
でこの程度の誤差です。
イメージ 16