Z1000J1 N.S様 スピードメーターセンサー不具合の調査

前回、つないだセンサーが次々と壊れる不具合があった車両です。
今回は過電流対策をした新しいスピードセンサーをテストします。イメージ 1

こちらが回路に抵抗を入れた新しいセンサーで、これと交換します。イメージ 2

ステーを新しいセンサーに移植します。イメージ 3


タイラップで固定したらエポキシボンドで固めます。イメージ 4

新しいセンサーが付きました。イメージ 5

お客様に試運転してきていただきます。イメージ 6
しかし、今回もメーターが作動せず。
一旦お預かりして、更に原因究明します。イメージ 7

別の新型センサーで台上テストすると作動します。イメージ 8

オドメーターBOXやスピードメーターの配線に異常がないか再度確認します。イメージ 9


次に、別のオドメーターBOXを取り付けて走行してみます。
ハンドルに縛ってある方が、現在接続してある方です。
イメージ 10

スマホのスピードメーターも準備して試運転に行きます。イメージ 11

30分ほど走りましたが、今度は安定して値を示します。イメージ 12

更に30分ほど走るとメーターの針がだんだんと落ちていき、
また不動となりました。
更に不具合か所の切り分けが必要ですね。調査は続きます。
イメージ 13