Z1000Mk2 K.H様 コンチタイヤ取り付け

コンチタイヤが入荷したので取り付けます。イメージ 1

今回はコンチクラシックアタックのノーマルホイールサイズです。
ラジアルタイヤの軽快なハンドリングとハイグリップが目的です。
イメージ 2

フロントタイヤを外します。イメージ 3

ホイール内側の汚れを落とします。イメージ 4

イメージ 5

タイヤを組んでバランス取りします。イメージ 6

フロントタイヤ交換できました。
ブレーキホースが少し張り気味なので、フォークの突き出しを見直しておきます。
イメージ 7

現状は、延長キットが付いて10ミリほどロング状態です。
イメージ 8

突き出しを2メモリ増やしてホースに余裕を持たせます。イメージ 9

ホース長さはフルリバウンド状態で確認してください。イメージ 10

続いてリヤタイヤを交換します。
イメージ 24
イメージ 11

こちらも汚れが酷いのできれいにします。イメージ 12

イメージ 13

タイヤを組んだらバランス取りします。イメージ 14

前後交換終了。イメージ 15

これで今回のメニューは終了です。あとはチェック走行して完成です。

今回の主なメニューは、
レイダウン、マフラー交換&カチ上げ、セラコート、
ワークスバックステップVer2直付、脱着式サイドスタンド、
前後コンチタイヤなど。
イメージ 16


イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22



イメージ 23
次回、モーリスホイール取り付けまでは、
このノーマルサイズラジアルでの自然な走りを楽しんでください。(^^)