Z1000Mk2 W.T様 エンジン腰上組み立て

ヘッドとシリンダーの加工が終了しました。イメージ 1

シリンダーは純正オーバーサイズピストンに合わせてボーリングしてあります。イメージ 2

カムチェーンアイドラー類は、交換後間もないので基本的に継続使用です。イメージ 3

テンショナーだけは回転に引っかかりがあるので新品交換します。イメージ 4

先ずピストンを組み込みます。
イメージ 5

ピストンは純正0.5ミリオーバーサイズのΦ70.5ミリ、これで1030ccになります。イメージ 6

続いてシリンダーを組み込みます。イメージ 7
イメージ 8

続いてヘッドの準備です。
ヘッドは、面研・ガイド交換・シートリング交換済です。
イメージ 9

面研前のヘッドには深い打痕のような傷がありました。
これを取るために面研は0.2ミリほど必要でした。
イメージ 10

交換したガイドとシートリングはこんな感じです。
ガイドはビトーR&D製の鋳鉄品、シートリングもワンオフの鋳鉄製です。
イメージ 11

使用する新品バルブと擦り合わせしておきます。イメージ 12

ステムシールは赤いバイトン製を使用します。イメージ 13

ヘッドができたら、シリンダーに組み込みます。イメージ 14

イメージ 15

バルブクリアランスの調整中、
必要なシムが足りなくなったのでイメージ 16今日の作業はここまで。