Z1000J U.T様 フォークスタッド交換

フロントフォークのスタッドをなめてしまったということで、
スタッドを交換します。
イメージ 1

なめてしまったところは、ナットを回すとスタッドごと抜けてきました。
それ以外はスタッドリムーバーで外します。
イメージ 2
フォークスタッド単体での設定は無いので、
代替品としてエキゾーストのスタッドを使います。イメージ 3

スタッド交換終了。イメージ 4

続いて、オーナーさん自ら分解整備されてから、
フロントブレーキの引きずりが出てきたそうで点検します。
ピストンの動きはスムーズでしたが、
ゴムがある方のスライドピンの動きが渋いようです。
イメージ 5

組み直してみると動きはスムーズになりました。
ゴムを挟み込んでしまっていたようです。
差し込むときはゴムを噛み込み易いので要注意。
イメージ 6