Z1000Mk2 F.Y様 ダミーヘッド取り付け

シリンダーとヘッドは外注加工にだしてしまったので、
マフラーのレイアウトを決めるためダミーの腰上を組み立てます。
イメージ 1

ダミー用のZ1000STのヘッドとシリンダーです。イメージ 2

ダミーのシリンダーを乗せます。イメージ 3

ダミーのヘッドを乗せます。イメージ 4

エキパイを仮付けします。イメージ 5

続いて、ベアリング類が揃ったのでホイールの準備です。
エアバルブはゲイルスピードのアルミショートタイプに交換します。
イメージ 6
イメージ 7

フロントホイールは1100刀用ダイマグなので、
スズキ純正の特殊サイズベアリングを使用して、アクスルをφ17ミリに変更します。
イメージ 8

ベアリングは片側シールタイプです。
品番は09262-17034 価格は約2000円 です。イメージ 9

ディスタンスカラーは潰れていたので新しく作り直します。
両端のスペーサーは内径をφ17ミリに拡大して再利用します。
イメージ 10

片側のベアリングをはめたらイメージ 11ディスタンスカラーをセットします。

アウターレースが当たる底よりもインナーレース側が先に当たるようにします。イメージ 12

ベアリングは、インナーレースが突き当たるところまで圧入します。イメージ 13

リヤホイールです。
こちらはチェーンラインのオフセット量を検討するので、
暫定で3ミリのスペーサーを挟んで仮組みします。
イメージ 14

ハブダンパーは価格の安いゲイルスピード用を使います。イメージ 15


スプロケットはワンオフ品、スプロケシムは弊社オリジナル品です。
イメージ 16

イメージ 17

スイングアームは内幅が広くないので、
あまりチェーンラインオフセットを大きくすることはできません。イメージ 18

おそらくオフセットは3ミリか4ミリぐらいが限界でしょう。
現物による詳細な検討が必要です。
イメージ 19