Z1000Mk2 F.Y様 リヤダイマグのアライメント検討

ホイールをソードから刀用ダイマグに変更します。
イメージ 1

外したソードは前後セットで売却予定です。イメージ 2

ダイマグのスパイダーは、ヘリサートが1ヶ所傷んでいたので交換します。
ベアリングはサイズアップして新品に交換。
イメージ 3

スパイダーの他のヘリサートも少し引っかかりがあるので、
ネジ山の清掃も兼ねて軽くタップを通しておきます。
イメージ 4

スプロケボルトも引っかかりがあったので、こちらも軽くダイスに通しておきます。イメージ 5

ワンオフしたリヤスプロケには、丁数の刻印を打っておきます。イメージ 6
イメージ 7

ワンオフした新品のステンレスシムを挟んで、スプロケを締め付けます。
古いダイマグは、あまり高いトルクだとヘリサートごと抜けてくるので、
カジリ防止のコッパスリップを塗布したうえで今回のトルクは4.5kg・m程度です。
こことハブダンパーハウジングのトルクチェックを
定期的に点検するのが、ダイマグを長持ちさせる重要な作業です。
イメージ 8

ホイールハブ周りの部品が整ってきたところで各部を採寸し、
狭いスイングアーム内で最大のチェーンラインオフセットを取れるよう検討します。
イメージ 9

検討の結果、
ハブダンパーハウジングとホイールの間に6ミリのスペーサーを入れる予定です。
スペーサーのレイアウト上、黄色いマークのところは3.5ミリほどカットする
必要がありそうです。
イメージ 10