Z1000Mk2 F.Y様 ワークスバックステップの直付け

塗装済みのフレームなので、
今までは直付けせずにプレートでバックステップを支持していましたが、
ポジションも決定し、シンプルな直付けに変更します。
イメージ 15

スイングアームピボットに通した真っすぐなシャフトを基準に、
溶接するボスをセットします。
イメージ 16

溶接する部分だけ塗装を剥がし、ボスを溶接します。
イメージ 1

イメージ 17

センタースタンドのブラケットは、更にカチ上げ改造するマフラーとの干渉を避け、
右から2番目もカットします。
イメージ 2

ローター変更に伴い、トルクロッドのアライメントが変わるので、
トルクロッド受けも変更します。今回はショートタイプに。
イメージ 14

新しい受けを溶接したら、既存の受けは削除します。イメージ 3

塗装を剥がした部分を慣らし、筆で塗装します。イメージ 4

フレーム側も筆で塗装します。イメージ 5

イメージ 6

6穴のカタナ用ダイマグに、Z用4穴ローターを合わせるので、
ネジ穴を2個追加工します。
イメージ 7

他のネジ穴同様、ヘリサートを入れます。イメージ 8

イメージ 9

これで4穴ローターが取付できます。
内径の違いは、別途製作中のアダプターで変換します。
イメージ 10

元々、プレート式で装着していたワークスバックステップ、
ペグとペダルをそのまま再使用します。
ポジションは、オーナーさんお好みの、ちょっと低めの位置です。
イメージ 11

イメージ 12

新しいキャリパーサポートに合わせて、トルクロッドもショートに変更。イメージ 13