Z1000J2 F.K様 サブメーターステー製作

TOTに向けての作業です。イメージ 1

ハンドルクランプ辺りにマウントいていたラップタイマーを見易くするため、
スピードメーターを外してそこにマウントすることになりました。
イメージ 2
ブラケットはシンプルにということで、アルミ平板で製作。
イメージ 15

ブラケットの塗装が乾く間に次の作業です。
イメージ 3
タイヤをα13からコンチに変更したので、リヤの外径が小さくなります。
フロントスプロケを変更してその分のギヤ比を調整します。イメージ 4

スプロケットを外します。イメージ 5

チェーンを変えずに済むよう、フロントのみ17丁から18丁へ変更。
スピードセンサーのマウントには、スプロケの逃げを追加します。
イメージ 6
次に、ジェネレーターを外して、最大限カットしたカバーに変更します。イメージ 7

イメージ 8
スターターモーターは残します。イメージ 9
カバーは作り直してカット量を増やしました。イメージ 10

イメージ 11

メータブラケットの塗装が乾いたので取り付けます。イメージ 12

これで走行中の視線移動が少なくなり、見易くなりました。イメージ 13

イメージ 14