Z1000J U.T様 ノーマルブレーキの引きずり

コンプリート車で販売した1000Jですが、
フロントブレーキが引きずるようになってきたとのことで修理します。
イメージ 1

キャリパーのシール類は新品交換済で、ピストンの動きはスムーズです。
前回のチェックでスライドピンの動きが渋かったので、
今回はそこをオーバーホールします。
イメージ 2

スライドピンの片側にだけ入っているラバーダンパーを交換します。イメージ 3

直径の大きい方が古い物、小さい方が新品です。イメージ 4

古い方はしばらく走ると、ラバーが噛みこんで動きが渋くなるようです。
新品はほとんど抵抗無くスライドします。
イメージ 5

フロント左右の他に、念のためリヤも新品交換しておきます。イメージ 6

これで引きずりも解消、引き回しも軽々とできるようになりました。イメージ 7