Z1000Mk2 K.Y様 マフラーカチ上げの検討

交換予定の電装品一式です。イメージ 1

これで電装品はほぼ一新されます。イメージ 2

ウオタニSP2のタイミングローターを取り付ける前に、
オイルシールの出代を調整します。この状態だと干渉の恐れあり。
イメージ 3

ローターのツバとオイルシールが干渉しないよう、
ハウジングの面まで押し込んでおきます。イメージ 4

これでクリアランスOKです。イメージ 5

ピックアップコイルを取り付けます。イメージ 6

次にマフラーのカチ上げ角の検討です。
イメージ 7

素材はPMC製メガホンとのことです。イメージ 8

集合部分を取外し、角度を変更するため一旦切断します。イメージ 9

イメージ 10

ノーマルのフィルターカバーは取外し、フラットタイプに交換します。イメージ 11

オイルパンは汚れが酷いので洗浄しておきます。イメージ 12

イメージ 13

切断した部分をひねり、カチ上げ角を稼ぎます。イメージ 14

フレームカット無しだとこの位が限度ですね。イメージ 15

イメージ 16