Z1000Mk2 K.Y様 マフラーカチ上げの続き

マフラーカチ上げ加工の続きです。イメージ 1

大まかな角度が決まったところで、細かいところを微調整します。
曲がりパイプは前方を切り詰めて、立ち上がり位置を前寄りに調整します。
イメージ 2

角度を見ながら溶接するパイプの合口が合うよう、
何度も付け外ししながら擦り合わせます。イメージ 3

合口が揃ったら現車合わせで点付け溶接します。イメージ 4

その後一旦外して本溶接します。
立ち上がり後は約60ミリ延長しています。
イメージ 5

不要なステー類は削除し、
サイレンサーの差し込みは割りを入れてTバンド止めに変更します。イメージ 6

最後にサイレンサーの三角ステーを切り出して点付けします。イメージ 7


タンデムステップを付けるので若干大きめにしてあります。イメージ 8

お持ち込みのミディアムバッフルの適合を確認しておきます。
やや長いようですね。上は標準バッフルです。
イメージ 11

奥まで嵌めても、ネジ穴まで届きません。
イメージ 9

バッフルの先端はサイレンサーの折れ点より前に突き出す感じで、
ちょっと合わないようです。
イメージ 10

標準バッフルを付けるとこんな感じです。イメージ 12

折れ点の手前で内径にフィットします。イメージ 13


溶接が全部終わったので、タンデムステップまで付けて最終確認します。イメージ 14

エンジン下はこんな感じ。イメージ 15

立ち上がってからは真っすぐと。イメージ 16

タンデムステップはブラケットの干渉部分を少し削除しています。
後ろのボルトは回り止めです。
イメージ 17

実用も十分です。イメージ 18

下から見るとこんな感じ。イメージ 19

カチ上げ加工が終了したマフラーはセラコートに出します。イメージ 20


続いて削りものを少々。ステップとレイダウンの部品です。イメージ 21

ワークスタイプバックステップは、マフラーステーの根元に直付けします。イメージ 22

レイダウンはモリワキ位置に取り付け予定です。イメージ 23