Z1000Mk2 K.Y様 レイダウンと直付けバックステップ

レイダウンとバックステップボスの溶接をするので、リヤ回りをバラします。
イメージ 1

スイングアームもトラス補強を入れますが、それは後日に。イメージ 2

レイダウンの角度はモリワキ角にします。
スイングアームピボットから365ミリがモリワキ位置です。
イメージ 3

ステップドリルで徐々に拡大していきます。イメージ 4

基準棒と平行になるよう慎重に。イメージ 5

両側とも下穴が開きました。外側がφ20ミリ、内側がφ10ミリです。イメージ 6

ボスの取り付け幅はノーマルプラス片側10ミリずつ外に出します。イメージ 7


ボスの溶接も基準棒に平行に。イメージ 8

内外ともイメージ 9全周溶接します。

イメージ 10

内側はこんな感じ。イメージ 11

次に、ワークスバックステップのボスをフレームに溶接します。イメージ 12

マフラーステーの根元に付けます。
マフラーステーが無くても、取り付け位置はほぼ同じ位置がお勧めです。イメージ 13

右側は、ノーマルのブレーキ軸を削除してから溶接します。イメージ 14

削除痕は滑らかに研磨します。イメージ 15


溶接は基準棒と平行に。イメージ 16

ぐるっと全周溶接します。イメージ 17

溶接の熱が冷めたら、剥がした塗装の段付きをサンドペーパーで馴らし、
絵筆で塗装します。
イメージ 18

塗装終了。イメージ 19

イメージ 20