Z1000Mk2 K.Y様 オイルクーラー取り付け

リヤの中空アクスルシャフトです。
今回は一番短い下端のスズキ純正品を使います。純正なので値段も手ごろです。
イメージ 1

Zのノーマルスイングアームに対しては少し長いので、
左右に13ミリずつスペーサーを入れます。イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ホイール周りが決まりました。外してあった元のチェーンを復元します。
イメージ 5

今回はまだノーマルホイールなので、
チェーンラインもノーマルのままでオフセット無しです。
イメージ 19

将来ワイドホイール化した時にも、
チェーンラインのオフセットは若干増やせるよう対応済です。イメージ 6

レイダウン後のリヤショックマウントには、グリップを元通り取り付けます。イメージ 7

マフラーカチ上げ済ですが、タンデムステップは使用可能な状態にしてあります。イメージ 8

イメージ 9

本題の、オイルクーラー取り付けです。
オイルの取出しはお持ち込みの社外品を使用します。フィッティングは6番です。イメージ 10

オイルクーラーコアのブラケットはこちら。ノーマルガゼット用です。イメージ 11

コアはゴムバンドで固定します。イメージ 12

後ろ側はこんな感じ。イメージ 13

スイングするので取り付け角度は垂直にもできますが、
その場合はハンドル切れ角を減らしたり、
フォークを伸ばしたりと周辺の対策が必要です。
イメージ 14

今回はこのくらいの無難な角度で取り付けます。イメージ 15

ホースは現車合わせで長さを決めます。イメージ 16

長めにカットしたホースを仮付けします。イメージ 17

ホースは上回しです。ルートを検討しながら長さを決定します。イメージ 18