Z1000J1 M.T様 S1タイプエキセントリックの試着

車検整備と一緒に第2弾のカスタムが始まります。イメージ 1

今回のメニューのひとつにS1タイプエキセントリックがあります。
現状のスイングアームがS1サイズで作られていれば、
弊社のS1タイプエキセントリックが装着できるので試してみます。
イメージ 9

弊社のラインナップは基本的に外径違いの2種類です。
S1サイズのφ60ミリと、段付きのあるカワサキ純正タイプ互換品(右上)です。
左上は切削加工前の鋳造ブランク材です。
S1は鋳造マグネシウムですが、こちらは鋳造高強度アルミAC4C-T6製。
アクスル径φ25ミリまで対応します。カーキ色はアルマイトによる着色です。
イメージ 2

スイングアーム幅がちょうどいいので、
よりS1ルックな片側ネジ切りタイプにしてみます。
使用している中空アクスルシャフトはスズキの純正品です。
S1はφ25ミリですが、こちらは現実的なφ20ミリです。イメージ 3



右側エキセンにネジが切ってあるのがS1風。イメージ 10

既存のエキセンを外してみます。イメージ 4

外径はφ60ミリで同じ、幅が1ミリ違います。イメージ 5

エキセンクランプ部の幅がS1より1ミリ広いようです。イメージ 6

内部は肉抜きしてあり、S1に似た構造です。イメージ 7

ボルトはM12の細目、座面にワッシャーが無かったので追加しておきます。イメージ 8

取り付けるとこんな感じ。どこか見覚えのあるルックスですね。イメージ 11

右側はこんな感じ。イメージ 12

小さい部品ですが、遠目に見ても存在感があるのではないでしょうか。(^^)イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15