Z1000A2 O.H様 スイングアームのガタ

マフラーステーとメインハーネス交換のご依頼です。
Z1000なのでプレート式のマフラーステーが本来の姿ですが、
こちらは既にZ1のステーが取り付けられています。
位置が少しズレておりノーマルマフラーが付かないそうなので、
純正位置に再現します。イメージ 1

合わせて全体的なチェックもしたいとのこと。先ずは試乗してみます。イメージ 2

リヤ回りからガタつく感じが伝わってきます。
リヤブレーキだけで制動するとハンドルが片方に取られます。
下りてリヤホイールを揺するとガタつきます。イメージ 3

エンジンの吹け上がりなどは快調ですが、
高負荷でのクラッチ滑りなどあり慎重に診ていきます。イメージ 4

リヤ周りのガタはスイングアームピボットからでした。
先ずはホイールを外します。イメージ 5

ホイールベアリングは正常です。イメージ 6

ハブダンパーも問題ありません。イメージ 7

リヤショックの受けは幅が29ミリあり、アッパーマウントの幅からすると、
現在は中央にありますが10ミリオフセットが正解のようです。イメージ 8

アッパーマウントにもガタがありましたが、
マウントピンが20.7ミリほどあるのが原因でした。イメージ 9

フロントスプロケ周りはオイリーですが、チェーンオイルの飛散のようです。イメージ 10

アウトプットシャフトのカラーとオイルシールが接していませんが、
ここからのオイル漏れは無さそうです。
スプロケのオフセットは実質6ミリです。イメージ 11

イメージ 12

スイングアームのガタは、ピボットのスラスト方向にあります。

スイングアームのガタ1

スイングアームを外して点検します。イメージ 13

スイングアームは、
純正ベースにモリワキ風の補強とタイヤの逃げ加工がされたものです。イメージ 14

ピボットの幅を測ると、フレーム内幅より2ミリほど狭いです。イメージ 15

軸受は白いナイロン製のワンオフ品のようです。
シムで幅を調整すれば良さそうです。イメージ 16

マフラーステーの素材はPMC製のこちら。
長めに出来ているのでカットして使います。イメージ 17

メインハーネスも当時のままなので、今回交換して信頼性を確保します。イメージ 18

イメージ 19