Z1000J1 M.T様 リヤショックのオーバーホール完成

リヤワークスパフォーマンスのオーバーホールが終了しました。
施工していただいたのはスクーデリアオクムラさんです。イメージ 1

交換して取り外した部品がこちら。
別タン内部にあり、ガス室を形成しているブラダはご覧の通り劣化して粉々です。
古いワークスパフォーマンスは、ほぼもれなくこんな感じなので早めの点検を。イメージ 2

今回はスプリングもリペイント。指定色でのパウダーコートです。イメージ 3

ストロークに対して既存のバンプラバーは短かったので、
底突きしてメタルタッチする状態でした。
今回は有効ストロークを80ミリに設定し、
残りは固めの長いバンプラバーでソフトタッチするようにしました。イメージ 4

上下のブッシュも耐久性のあるゴムブッシュに新品交換してあります。
ロアブッシュのカラーは既存品を幅20ミリに調整したものです。イメージ 5

アッパーブッシュのカラーは、締め付けで潰れ難いよう、
肉厚のアルミ製カラーに変更しています。イメージ 6

早速、取り付けてみます。イメージ 7

全長はやや長めの設定です。イメージ 8

1Gではこの位の車高です。1Gサグで30ミリほどストロークする設定のよう。
当時、一人乗りに合わせてセッティングオーダーしたものだそうで、
約20年振りの復活です。イメージ 9

サイドスタンドでの傾きはかなりあるので、スタンドの修正で対応します。イメージ 10