ゼファー1100 K様 社外タンクの漏れ修理

ゼファー1100用社外タンクですが、
フューエルセンサーの台座辺りからガソリン漏れするとのこと。イメージ 1

困難な溶接による修理の前に、
耐ガソリン性のあるボンドでの修理をトライアルしてみます。
イメージ 13

漏れているのはパッキンからではなくその上の台座とタンクの間からだそうです。イメージ 2

センサーを外します。イメージ 3

パッキンには非硬化性のボンドが塗られている以外、問題無いようです。
イメージ 5

周辺をシンナーで拭き、十分脱脂します。黒い塗装は剥がれてしまいました。
台座とタンクの隙間にもシンナーを流し込み、丁寧に脱脂します。
イメージ 4

耐ガソリン性のボンドはこちら。流動性があり隙間への充填に有利です。イメージ 6

ボンドを全体に流し込みます。イメージ 7


更にシール面にも薄く塗ります。イメージ 8

パッキンを乗せます。イメージ 9

センサーを取り付けます。取付ネジにもボンドを十分塗ります。イメージ 10

水平にして硬化するのを待ちます。イメージ 11

イメージ 12