Z1B N.T様 ステムベアリング交換

フロントホイールとステムベアリングを交換します。
ステムベアリングは前回のチェックで不具合が発覚、
中央位置でクリック感が出てきています。
ホイールと一緒にベアリング交換の作業をします。
イメージ 1

ホイールを外します。
ホイールとブレーキローターは後日ヤフオクに出品予定です。イメージ 2

今回用意したモーリスはZ1000Mk2用のため、フロントアクスル形状が異なります。
上が外したZ1用で、下側が今回組み込むMk2用です。
イメージ 3

ステンレスのシャフトとナットは再利用し、
Mk2のフロントアクスルをあてがってみます。イメージ 4

ギヤBOXとフォークアウターが干渉するので、少し逃げを作っておきます。イメージ 5

続いてステムを外します。イメージ 6

既にテーパーローラーベアリングが入っていました。
テーパーローラーベアリングのアウターレースは、
打ち抜くための引っかかりが無いので、
ボルトを溶接して、これをたたいて打ち抜きます。
イメージ 7

下側も同様です。イメージ 8

アウターレースが取れました。レースにはベアリングの圧痕が多数みられます。イメージ 9

新しいテーパーローラーベアリングを圧入します。イメージ 10

イメージ 11

テーパーローラーベアリングにした場合、
ロアベアリングのダストシールにはタンクキャップのパッキンがよく合います。イメージ 12

はめるとこんな感じです。イメージ 13


ステムを取り付けます。イメージ 14

ダストシールはZのフレームにジャストサイズです。イメージ 15

フォークとホイールを取り付けます。イメージ 16
・パッドが摩耗した際、
内側のパッドがローターのフローティングピンのワッシャーに干渉しそうです。イメージ 17

イメージ 18

パッドの裏板の、干渉しそうな部分をカットします。イメージ 19

これでクリアランスが取れました。イメージ 20

ステムとフロントホイールは終了です。イメージ 21