Z1100R N.T様 カムホルダーネジの修理

ヘッドカバー内を点検します。
イメージ 1
エキゾーストのカムホルダーは、既にボルト3本がM8に拡大されていました。イメージ 2


イメージ 3


バルブクリアランスを点検します。
規定値外のところが数か所ありましたので要調整です。
イメージ 4
カムホルダーネジの締め付けトルクも確認します。
こちらも数か所、ネジが上がってきてしまったので要修理です。
イメージ 11


赤いマークを付けたところがトルクのかからないところです。イメージ 5

カムを外します。カムメタルはだいぶ消耗しているようです。
イメージ 6

ネジ山修理の前に、ガスケットを剥がして面出ししておきます。イメージ 7

マスキングテープで養生します。
穴を開けたところがネジがダメなところです。
イメージ 12


ほとんどがヘリサート入りなのにトルクがかけられませんでした。
既に入っていたヘリサートを取り出します。
イメージ 13


ここだけはヘリサート未処理だったので、M6のヘリサート加工をします。
イメージ 8

ヘリサートが抜けてきたところは、下穴の状態もかなり悪くなっています。
今回は最善の策としてM8ネジに拡大することにしました。イメージ 14

エキゾースト側は8本全部M8になります。
ダウエルピンの部分はピンが入らなくなるので、
ネジ切りするときにズレないように1本ずつボルトで止めながら進めていきます。
イメージ 9

都合、9ヶ所がM8ボルトになりました。イメージ 10