Z1100R N.T様 ジェネレーター周りの分解

カムホルダーネジの修理が済んだのでカムを組み込みます。イメージ 1

カムホルダー取り付けに使用するM8ボルトは、
ヘッドカバーに干渉しないよう2ミリほど削って低くしてあります。イメージ 2
M8ボルトにしたため、エキゾースト側カムホルダーはノックピンがありません。
締め付けによりカムの回転が渋くならないように、プラハンで位置を微調整します。
イメージ 23

カムがスムーズに回るところで、規定トルクで締め付けます。
イメージ 3

ヘッドカバーを取り付けて、エンジン本体は完成です。
イメージ 4

続いて、傷のあるジェネレーターカバーを交換します。
イメージ 5

ジェネレーターローターのマグネットは、大きく欠けています。破片はありません。
イメージ 6

ジェネレーターローターを交換するため外します。
イメージ 7

クランクのワッシャーは、面取り側が外側にあるので逆に組まれていました。
クランクケース側にも傷があります。
イメージ 8

スターターモーター付近のクランクケースにも、打痕のような傷があります。イメージ 9

外したローターを見ると、スラストワッシャーが純正品ではありません。
イメージ 10

面取りワッシャーを逆組みしたせいで、
スラストワッシャーを薄くしてつじつま合わせしたように思います。イメージ 11

マグネットの欠けたローターは、ストック品と交換します。イメージ 12

スタータークラッチを移植して、締め付けは規定トルクの4kg・mで締め付けます。
イメージ 13

ステータコイルは比較的きれいです。
イメージ 14

ジェネレーターカバーの取り付けネジ穴は、
入れてあったヘリサートが傷んでいるので交換します。
イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17

その他のネジはタップを立て直し、
既定の長さのボルトをねじ込んで確認しておきます。
イメージ 18

更に問題が見つかりました。
スターターのリダクションギヤの軸受け部分にクラックがあります。
イメージ 19


イメージ 20

下から見ると、パテで修理されているのがわかります。イメージ 21

シャフトを通してみると、大きく隙間が空いています。イメージ 22