Z1100R N.T様 クラッチハウジング交換

ジェネレーター周りを復元します。イメージ 1

クランクの根元に入るワッシャーは、面取りの大きい側を奥にして組みます。イメージ 2

ワッシャーの面取りがクランクの角(すみ)Rの逃げになるので、
ワッシャーはクランク端面に密着します。イメージ 3

ニードルベアリングを挿入し、両側のテーパー部分を脱脂して、
ローターASSYを取り付けます。イメージ 4

ローターの締め付けトルクは規定値の16kg・mでしっかりと。
イメージ 5

ジェネレーターカバーは良品に交換します。
イメージ 6

コイルの配線は修理歴があり短いのでグロメットは再使用します。
古いガスケットを綺麗に落とし、完全脱脂して組み付けます。イメージ 7

イメージ 8

クランクケースに不安は残りますが、ケース交換するまで持ってくれますように。
イメージ 9

チェーンと前後スプロケットは、630から530にサイズダウンします。
イメージ 10

イメージ 11

クラッチレリーズレバーは、ケーブル受けの軸部分が摩耗しています。
イメージ 15








その動画がこちら。

IMG 1451

この1100R用ロングレバーは生産終了なので、普通の1000J用新品に交換します。
イメージ 16

IGコイル交換と合わせて、
プラグキャップは純正が生産廃止なのでNGK製のシンプルな物に交換します。イメージ 12


IGコイルは後対応品となる純正新品がこちら。本体がスリムになりました。
ブラケットは純正がまだ買えます。イメージ 13

取り付けるとこんな感じ。
イメージ 14

続いてクラッチハウジングを交換します。
事前にオーナーさんの点検で摩耗を確認していたそうです。
入っていたのは、強化スプリングと強化プレートでした。
イメージ 17

クラッチハウジングの摩耗の様子はこちら。
フリクションプレートを受けるところがかなり段付き摩耗しています。
摩耗が進むと、切れや繋がり、タッチも悪くなります。
イメージ 18

今回の主な原因は、この薄いフリクションプレートです。
イメージ 19

右側の純正品と比較してみます。イメージ 20

下が純正、上が強化クラッチです。
イメージ 21

強化品は、ハウジングに接する部分が極端に薄いのがわかります。
強化品は枚数を増やすために薄く作られていることが多いですが、
今回の物は枚数は純正と同じで、摩材の厚いタイプでした。
イメージ 22

センタースリーブを抜いてハウジングを取り外します。
スリーブにはネジ穴があるので、
ボルトをねじ込んでそれをつまんで引き抜きます。
イメージ 23

スリーブを抜くとハウジングが後ろにずらせるようになるので、
そのままケースから取り出すことができます。イメージ 24

これはJ系エンジンの整備性の良いところです。
イメージ 25

他には特に異常は無いようです。
イメージ 26

1000Jと共通のクラッチハウジングを組み込みます。
イメージ 27

1100Rのクラッチハブは専用品ですが、もう生産終了です。
今回は、摩耗も少ないので継続使用します。イメージ 28

ハブナットも規定値でしっかり締め付けます。
イメージ 29

プレート類は、耐久性を重視して純正新品に変更します。イメージ 30


クラッチハウジングの交換終了です。
イメージ 31

エンジンマウントの交換でエンジンを浮かす時に外してあった、
ステッププレートを取り付けます。
フレーム側のネジ山が傷んでいるのでタップで修正します。イメージ 32

元の取り付けボルトは、中間で伸びているので使えません。
イメージ 33

2本を合わせてみると、同じピッチなのにかみ合いません。
首下から中央付近まで伸びているのがわかります。
イメージ 34


ステッププレートを付けたら、マフラーを取り付けます。
イメージ 35

3ヶ所にあるジョイント部分のガスケットを交換します。
イメージ 36

古いガスケットを取り出します。イメージ 37

新品のガスケットを挿入します。イメージ 38

右側から車体に取り付けます。
イメージ 39

位置を合わせて仮止めします。
イメージ 40

ハーネスがまだなので、左側はマフラーだけ先に取り付けてしまいます。
イメージ 41

イメージ 42