Z1100R N.T様 試運転

始動性が悪いというキャブをチェックします。
スロー系統などエアブローして、ジェットの詰まりなど無いか確認します。
パイロットスクリューの戻し量は、
規定値から大きく外れていたので規定値に戻しておきます。
イメージ 1

キャブを取り付けて始動チェックします。
始動性も問題無くなりました。
イメージ 2

タンクはガソリン漏れがあるとのこと。
裏側を見ると凸凹が沢山あり、そのいくつかからガソリンが滲んでいるようです。イメージ 3

パテなどでサビ穴の補修をしてあるようですが、十分ではなかったようです。
スペアのタンクを用意した方がいいかもしれません。
イメージ 4

タンク裏側の前方には、フレームと干渉して塗装が剥げている部分があります。
触ってみると少し窪んできているので、摩耗して鉄板が薄くなっているようです。
こちらも要注意。
イメージ 5

キャブのチェックのため試運転に向かいます。
イメージ 6

現状は、大きな問題も無く概ねスムーズに走行できます。
少し回転の落ちが悪いのですが、エア吸いなどは無いようなので、
更にキャブの調整が必要かも。
カムはカムキャップの若干のズレがあるはずなので、
暫くは低回転で慣らしが必要です。
イメージ 7

イメージ 8