GPZ1100 I.S様 ヘッドの分解

ヘッドを分解しながら点検します。イメージ 1

カーボンの堆積は多めですが、
バルブやバルブシートの消耗は少ないようです。イメージ 2




イメージ 9

ガイドのガタも、8バルブ全て限度値内です。
イメージ 3

リムーバーでカーボンを落としていきます。
イメージ 4





イメージ 10

シリンダーもガスケットを剥がして洗浄します。
オイルストーンで面出ししていると、デッキ面に多数のキズが見つかります。イメージ 5

ピストンが純正オーバーサイズのφ73ミリになっていたので、
オーバーホール歴があるこのエンジン。
前回のガスケット剥がしは、相当苦労したことでしょう。
イメージ 6

今回、このエンジン主要パーツは塗装します。
イメージ 7

サイドのカバー類は既にリペイント済みです。
残りの部分は乾くと白く粉を吹く感じ。クランクケースはこのとおり。
特にサビは無く状態はいいので、今回の塗で一生物になるでしょう。
イメージ 8