Z1100R N.T様 フロントフォークの異常

センタースタンドを掛けるとき、
フロントフォークからカツンという異音がしていました。
どうやら、伸び切り時に衝撃音が発生するようです。
原因究明のため分解点検します。イメージ 1

センタースタンドとパンタジャッキでフロントを上げ、フォークを取り外します。イメージ 2

フォークを分解します。
予想した通り、伸び切り側のクッションスプリングのうち、
太い方がコンプレッション側に連ねて入っていました。
イメージ 3

正しくは、短いスプリングはこの位置に入り、伸び切り時の干渉の役目を担います。
Z1100Rは太いスプリングと細いスプリングの2本構成。
一般的には太いスプリングの1本仕様です。
イメージ 4

インナーチューブには大きな打痕があります。イメージ 5

イメージ 6

凸部分はオイルストーンで削除しておきます。イメージ 7

キズのへこみや、サビて剥離したところは埋められないので、
インナーチューブは早めの交換をお勧めします。
イメージ 8

消耗品は純正新品がまだ手に入ります。イメージ 9

ボトムのボルトも、6角穴が傷んでることが多いので、機会があれば新品交換を。
イメージ 10