Z1000J2 T.Y様 サイドスタンドの加工

高速域でのヨーイングがあるため、
スイングアームピボットベアリングを交換してみたいとのことです。
既存のベアリングを外します。
イメージ 1

スイングアームにはスプロケット脱落で付いたと思われるキズがあります。イメージ 2

抜いたベアリングには大きなキズがあります。
キズはスプロケットの歯が刺さったもののようです。
イメージ 5


内側にも達するほどの突起があります。これでベアリングにキズが付いたようです。イメージ 3

突起部分をリューターで削除します。イメージ 4

新しいベアリングを圧入し、スムーズに回転することを確認します。イメージ 6

スイングアームを車体に取り付けます。イメージ 7

リヤショックとホイールを取り付けます。
リヤショックはMAXまで延長し、全長370ミリになっています。イメージ 8

バックステップのペダルを現車合わせで角度を決め、
パーツを溶接して仕上げていきます。イメージ 9

ペダルの溶接組み立てができました。後は塗装します。イメージ 10

左側のペダルを取り付け、チェンジロッドを調整します。今回は逆チェンジです。イメージ 11

サイドスタンドとの干渉をチェックします。修正が必要なようです。イメージ 12

サイドスタンドを曲がり部分で3分割します。イメージ 13


カットした断面を開削します。イメージ 14

直線的に並べ、長さを調節して仮付けします。
イメージ 15

車体に取り付け、長さと角度を確認します。
イメージ 16

長さが決まったら本溶接し、冷めたら滑らかに研磨します。
イメージ 17

右側ステップ周りです。
マフラーは変更予定があるので、サイレンサーステーは5ミリのアルミ板で製作。
サイレンサーの角度は、中間パイプのジョイント部分でひねってカチ上げ気味に。
イメージ 18

イメージ 19

研磨が終わったサイドスタンドを仮組します。
跳ね上げ角を増やした方が車体に沿うようなのでストッパーを修正することに。イメージ 25

跳ね上げのストッパーは3ミリほどカットします。
イメージ 26


塗装して、サイドスタンドは完成です。
イメージ 20


高い車高に合わせ、傾きの角度も起こし気味に修正できました。
イメージ 21

跳ね上げるとこんな感じです。
イメージ 24
イメージ 22

フレーム直付けバックステップのスリムなポジションが実現できました。
イメージ 23

エンジンオーバーホールとワークスバックステップ化の終了です。
後はチェック走行のみ。
イメージ 27

イメージ 28


イメージ 29
イメージ 30