Z1000J1 S.K様 スタータークラッチ交換

大幅カスタム後、初めての車検の時期になりました。
定員を1名に変更するので、今回の車検は構造変更となります。
合わせて、最近、よく滑るようになってきたとのことで、
スタータークラッチの交換も実施します。
イメージ 1

現状のスタータークラッチの滑り具合はこんな感じで、
2回に1回くらい滑っています。

IMG 4439

ジェネレーターカバーを外します。
イメージ 2

スタータークラッチを分解します。
今回は、クラッチASSYとギヤを含めた全体交換です。
イメージ 3

外したスターターギヤを新品と比較します。イメージ 4

ローラーの圧痕が目視できますが、触れても凸凹はわずかです。イメージ 5




マグネットの割れた箇所があるのですが、過去の修理でボンド止めしておきました。
今回も異常無しです。
イメージ 18

新品のスタータークラッチに交換し、規定トルクで組み付けます。イメージ 6

2種類のワッシャーも摩耗があるので交換します。イメージ 7

準備ができたので組み付けます。
スターターギヤのダンパーも消耗して空回り時間が長いので、
厚みのあるタイプに交換します。
イメージ 8

ジェネレーターローターも、締め付けは規定トルクイメージ 9でしっかりと。

あとは車検に向けての整備です。
イメージ 11

ブレーキパッドの点検では、摩材のはみ出し部分があるのを確認。イメージ 10

CP2696用のパッドは、摩材の位置がパッドの銘柄によって異なる場合もあります。
イメージ 12

はみ出し部分を削除します。イメージ 13

ブレーキフルードも交換します。イメージ 14

リヤブレーキも点検。イメージ 15

フルードも交換します。
イメージ 17

明日は構造変更検査を受けに出張します。イメージ 16