デモ車MONSTER#60 オイル漏れの修理

先日の筑波走行でエンジンからのオイル漏れがあったので修理します。イメージ 1

オイリーなのは、オイルクーラーへのオイル取出しブロックの辺りです。イメージ 2

オイルパンまで伝ってしまうほどの量なので、何か破損しているのでしょうか。イメージ 3

それぞれの部品は5年以上使用しているものなので、
クラックなどが生じている可能性もあります。イメージ 4

オイル取出しブロック側のフィッティングからの漏れをチェックするため、
オイルクーラーコア側からエアで加圧してみます。
この状態で、車体左側のホースが加圧されています。
イメージ 5

オイルクーラーコアごと5キロほどのエアで加圧します。
コアは10キロ以上の耐圧性があるので大丈夫です。
イメージ 6

異常が無いので反対側も加圧チェックします。こちらも異常無し。
エンジン側にあるフィッティングは漏れ無しと確認できました。
イメージ 7

オイルブロックを外して更にチェックします。イメージ 8

Oリングはまだ交換して間もないので、弾力もありツブレ代も十分ありそうです。イメージ 9

オイルブロック単体の漏れをエア圧でチェックします。こちらも異常無いようです。イメージ 10

他に原因もなさそうなので、オイルブロックを入念に観察します。
すると、取り付け穴周辺の座面にわずかな凹みが見つかりました。
イメージ 11



軽くペーパーで擦り合わせしてみると、奥のボルト穴周辺に凹みがあります。
この穴は油圧が掛かるのでエンジン側にOリングが入りますが、
Oリングのツブレが少なくなるのでこれがオイル漏れの原因のようです。
イメージ 12

粗いペーパーで擦り合わせし、凹みを無くします。イメージ 13

平面がでました。イメージ 14

細かいペーパーで仕上げして完成です。イメージ 15

組み付け終了。後日テスト走行でチェックします。イメージ 20

続いてフロントブレーキの修正です。
ダイマグにホイール変更後、フロントブレーキにやや引きずりがありました。
左キャリパーはのピストンは、きちんと戻っているようです。
イメージ 16

右側は内外で若干偏りがあります。
このホイールだと右ローターがやや外側に位置していたようです。イメージ 17

0.5ミリのシムを入れて、キャリパーのアライメントを修正します。イメージ 18

これで良くなったでしょう。
イメージ 19