Z1000Mk2 W.H様 トップアイドラーの破損

去年の1月にエンジンーバーホールをしましたが、
カムプラグのところからオイル漏れしてきたので修理します。
エンジンも、若干の異音が気になるとのこと。
イメージ 1

日帰り作業の時間短縮を考えて、キャブレスでのお持ち込みです。イメージ 2

アルミ削り出しのカムプラグ周辺から、オイルが滲んできます。イメージ 3

ヘッドカバーを外したら、エンジン異音の原因が判明しました。イメージ 4

カムチェーンのトップアイドラーが、ブラケットの根元で完全に折れていました。
使用していたのは社外品です。
イメージ 5

ヘッドカバーの天井側には、アイドラーが押し上げられて当たった痕があります。イメージ 6

おそらく、アイドラーはカバーの天井部分に押し付けられた状態で作動し、
カムチェーンのたるみはテンショナーが吸収して難を逃れたのでしょう。
イメージ 7

修理に使うトップアイドラーは、純正品に変更します。イメージ 8

バルタイも異常無し。イメージ 9

オイル漏れしていたカムプラグは一旦外し、綺麗に洗浄して再使用します。
カバーガスケットも他メーカーに変更します。
イメージ 10
今回、エンジンノイズの変化を感じるセンスに助けられました。m(_ _)m
念のため、レブリミットも少し下げましょう。