Z1000J2 T.Y様 エンジン慣らし後のオイル交換

ピストン交換してから慣らしを500キロほど終えてきたとのこと、
慣らし後最初のエンジンオイル交換をします。
イメージ 1

ボーリング済のピストン&シリンダーセットを組み込んでありました。イメージ 2

入庫してからガソリン臭がすると思ったら、タンクからガソリン漏れがあります。イメージ 3

直前で満タンにしたそうで、
サビ取りで薄くなったところが貫通してしまったようです。
このタンクは下側全般、サビでやられていたようですね。
イメージ 4

ガソリンを抜いて漏れ箇所を特定します。イメージ 5

塗装を剥がして磨いた後に、シミになっているとことが漏れ箇所です。イメージ 6

左側の縁は前回シーリング済でしたが、右側も同様にシーリングします。イメージ 7

このまま硬化するまで一晩置きます。
日帰り作業の予定でしたが、急遽お預かりとなりました。イメージ 8

続いて、エンジンオイルとフィルターを交換します。イメージ 9

プラグコードとキャップのイメージ 10接続が甘いので、コード端部を少し切り詰めます。

キャップ内部の端子も少し腐食しているので、
1・4番のみ新品キャップに交換します。イメージ 11

シーリングの硬化まで、一晩お待ちください。イメージ 12