Z1000A G.S様 ワークスバックステップ取り付け

ステップを弊社ワークスタイプバックステップVer.1に変更します。イメージ 1

ブレーキペダルは現車の物を短縮加工して使用します。
イメージ 2

ブレーキペダルを切断したら、踏板とパイプの角度を変更します。イメージ 3

接合部分の径が違うので、太い方に割りを入れて小径化します。イメージ 4

小径化するとこんな感じ。イメージ 5

現車に合わせながら、接合する向きを検討します。
イメージ 6



溶接したら再度現車で確認します。
踏み込み角度も低いので修正します。イメージ 25

根元に割りを入れてペダルを少し上向きに変更します。イメージ 26

イメージ 27

短縮ブレーキペダルの加工が終了しました。イメージ 7

仮組してみます。このあとブレーキペダルは塗装して完成です。イメージ 8

今回のチェンジペダル側は、基本的にボルトオン仕様なので、
取り付けてペダルの角度調整をすれば取り付け終了です。
イメージ 9

塗装したマフラーに、シリコンボンドでエンブレムを取り付けます。
位置決め用の突起は、バッフルが抜けるように最低にしてあります。
イメージ 10

エンブレムを取り付けるとこんな感じ。イメージ 11

左側のタンデムステップも、右側と同じ位置に移設します。イメージ 12

先ず、ノーマルのタンデムステップブラケットを削除します。イメージ 13

余分な部分を研磨したら、回り止め用のピンを溶接します。イメージ 14

マフラーのブッシュを使ってタンデムステップを取り付けます。
ストッパーの位置関係はこんな感じ。イメージ 15

続いて、ブレンボ用のブレーキスイッチが緩みやすいとのことで対策します。イメージ 28

スイッチは、下側に取り付けられたこちらのタイプ。イメージ 16

緩み安いネジ部分は、全てネジロックを塗布します。
イメージ 17
イメージ 18

今回のメニューはこれで完成です。
主なメニューは、
ワークスバックステップVer.1の取り付けとマフラーカチ上げでした。
イメージ 19


イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24