GPZ1100 I.S様 サイドスタンドの加工

バックステップにして、ステップが内側に寄りました。
跳ね上げたサイドスタンドとつま先の干渉防止の修正をします。
合わせて傾き角も大きめなので修正します。
イメージ 1

ノーマルのサイドスタンドは、マフラーを避けるため大きく張り出しています。
イメージ 2

サイドスタンドをS字部分で3分割します。イメージ 3
イメージ 4

切り口を若干修正し、真っすぐに並べ直して仮溶接します。
現車合わせで、長さと角度を確認します。
イメージ 5

これぐらい内側に入れば大丈夫でしょう。イメージ 6

形が決まったので、溶接を盛って接合します。イメージ 7

イメージ 8

盛り上げた部分を研磨します。イメージ 9

取付て確認します。もう少し跳ね上げ角を増やせそうです。イメージ 10

フレーム側根元のストッパー部分を少し削除します。イメージ 11

角度が上がると同時に、更に車体側に寄りました。イメージ 12

これで大丈夫。イメージ 13


跨った状態でサイドスタンドを出しやすいように、踵で踏む突起を追加します。イメージ 14

これで出すのも大丈夫。イメージ 15

塗装して、サイドスタンドは完成です。イメージ 16

修正後の傾きはこんな感じ。イメージ 17

続いて、スプロケットカバーを取り付けます。イメージ 18

金属の曲がりパイプが付いたこの純正クラッチケーブルは生産終了です。
純正のセパハンには欠かせないので、給油して継続使用です。
イメージ 19

スプロケットカバーを取り付けてクラッチレバーを握ってみると、
ボルト穴の近くにクラックを発見。
握るとパクパク口を開きます。
イメージ 20

カバーを外して、カラーチェックの現像液を塗りクラックの状態を確認します。イメージ 21

クラックはかなり後ろまで進行しています。イメージ 22

内側のリブも完全に切断されています。イメージ 23

溶接で応急修理することに。
リューターでクラック周辺の塗装を剥がします。
イメージ 24

裏側のリブを溶接します。イメージ 25

表側も同様に。イメージ 26

溶接トーチの入るところだけ溶接しておきます。イメージ 27


再度取り付けて、強度を確認します。
一応剛性もあるようなので、プッシュロッドの遊びを調整して取付終了です。
イメージ 28

このスプロケカバーも生産終了なので、
中古の良品を探すかイメージ 291000Jの新品にした方がいいかもしれません。

仕上げにタッチペンしておきます。
イメージ 30